交通事故被害者が知らないと損する、交通事故損害賠償「裏常識」 物損事故からムチ打ち被害者後遺症まで、知ってて得する知識です。あまり知られてない損害賠償の裏側と損しない損害賠償請求を解説します。

このブログはまぐまぐメルマガ「知って得する交通事故損害賠償請求」のダイジェスト版 です
メルマガでは中身の濃い役に立つ情報を無料で配信しています

--年--月--日

■スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2009年03月29日

「追突されるあなたが悪い!?」


問題:


その日、木下さんは隣の町にある総合病院でMRI撮影予約をしてい

ましたが、高速道路でいかなくてはならないのでエンジンオイル

の量が心配になり、自宅を出発する前にボンネットを開けて調べる

ことにしました。



木下さんの心配は取り越し苦労で、オイルはたっぷり入っていまし

たが、気がついたら出発予定時間を大分過ぎていました。



手洗いもそこそこに隣町の病院に向け走り出しました。



高速道路に入り、遅れた時間を取り戻そうと一気に加速しましたが、

その瞬間ボンネットが跳ね上がって前が全く見えなくなってしまい

ました。



追い越し車線を走行していた木下さんは、ビックリしてハザードラ

ンプを点灯し追い越し車線上に止まってしまいました。



多くの車は木下さんの車をよけ左側の走行車線を通り過ぎていきま

したが、停車から2分程度たった時いきなり大きな音と衝撃が木下

さんを襲いました。



停車中の木下さんの車は追突されてしまったのです。



追突した加害者は木下さんに対し、追い越し車線に止まっていたの

が悪いとして、木下さんに80%の過失があると主張しました。



果たしてこのような場合、過失割合はどうなるのでしょう。



木下さんは、あくまでも止まっている車に追突した加害者が

悪いと思っていますので、過失を認めるつもりはありません。



果たして木下さんの主張は認められるでしょうか?



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━



答: (参考:名古屋地裁判決)



木下さんが一般道に停車していたのであれば、この主張は通りまし

たが、今回の場合は高速道路に停車していた為、木下さんは65%の

過失を取られてしまいました。



高速道路は、道交法により他の自動車の円滑な走行を阻害しないよ

う駐停車禁止になっています。



例外として走行中の故障等の場合は駐停車ができますが、その場合

でも後続車の衝突を避ける為三角表示板や発炎筒、閃光灯などの

使用が義務付けられています。



木下さんの場合、路肩ではなく追い越し車線に停車していたにも関

わらず、単にハザードランプのみの点灯で、後続車の衝突を回避す

る措置を取っていなかったため、65%の過失相殺をされてしまいま

した。



止まっていたからといって、何でもかんでも衝突した加害車輌が悪

いとする考え方は問題です。



事故解決はマニュアル選びが重要!無料 「交通事故マニュアル比較ナビ」



スポンサーサイト

■コメント

■コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

<< 検証 自賠責保険と任意保険の関係 その3 | Blog TOP | 自賠責保険・120万円の魔法  >>

はじめまして!

赤川 静雄(赤鬼)

Author:赤川 静雄(赤鬼)
交通事故の損害賠償は、被害者に立証責任があるため、知識がなければ支払われない損害が沢山あります。保険会社の人は決して教えてくれない、知らないと損する損害賠償の知識を公開します。賢い被害者になって、大いに得しましょう!

お役立ちリンク

キーワードSEO対策

  • seo

リンク

交通事故調査

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

あし@

リンク

ブログ内検索

RSSフィード

ブログアクセスUPの新時代「BLOG Junkie」ブログを見てポイントGET!ポイント使ってアクセスUP!

SEO対策:損害賠償SEO対策:交通事故SEO対策:自動車保険SEO対策:自賠責保険SEO対策:車検SEO対策:任意保険SEO対策:傷害保険
サイトマップラス
Powered by SEO対策
キーワードアドバイスツールプラス Powered by SEO対策
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。