交通事故被害者が知らないと損する、交通事故損害賠償「裏常識」 物損事故からムチ打ち被害者後遺症まで、知ってて得する知識です。あまり知られてない損害賠償の裏側と損しない損害賠償請求を解説します。

このブログはまぐまぐメルマガ「知って得する交通事故損害賠償請求」のダイジェスト版 です
メルマガでは中身の濃い役に立つ情報を無料で配信しています

--年--月--日

■スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2008年06月09日

■加害者の車の修理代を払わされるって、本当!?


場合によっては、被害者なのに加害者の車の修理代を払わされるって、

本当!?



【質問】     



Aさんは、信号のない交差点で一時停止違反の車と衝突してしまい

ました。



交差点の見通しが良く、相手の車輌の行動が予見できたということ

で過失割合が20:80ということになりました。



Aさんは、対物保険・車輌保険双方に入っていませんでしたが、ま

あ過失が2割だし相手が悪いのだからから大したことないかと安心

していました。



過失相殺後の修理代の精算を知り合いの自動車工場にお願いし、請求

書が来るのを待っていました。



交通事故の経験のないAさんは、自分の車の修理代の20%を自腹で

払い、残りの80%は相手が払ってくれると思い込んでいました。



ところが、Aさんに自動車工場からとんでもない請求書が来ました。



なんと、38万円支払ってくれという請求書でした。



何で相手が悪いのにAさんが38万円も修理代を支払わなくてはな

らないのだと思い、支払を拒否しました。



Aさんは、過失相殺後の請求額を支払わなくてはいけないしょうか?


過失割合 A:加害者=20:80


修理代  Aさん 15万円  加害者250万円(ベンツ)



 (分りやすいようにあえて極端な数値にしています) 

 

------------------------------------------------------------

【正 解】   残念ながらAさんは支払わなくてはいけません





交通事故ににおける過失相殺の原理で計算してみます



Aさんの損害額=15万円

加害者に請求する金額=15×(1-0.2)=12万円




加害者の損害額=250万円


Aさんへの請求額=250×(1-0.8)=50万円



Aさんは加害者に12万円を請求し、50万円を請求されますので


12-50=-38万円


なんと38万円加害者に支払うことになってしまいました。



これは、Aさんの車は前に太いパイプのガードをつけた頑丈な4WD

で修理代は安かったのですが、加害車輌はベンツの限定車のため

250万円という高額な修理代になってしまったからです。



多分ヤナセに修理を依頼したのでしょうが、こんな場合には相手に

過失の多い衝突事故でも、逆に修理代を取られてしまうというとん

でもないことが起こりますので、対物や車両保険には加入されるこ

とをお勧めします。




欲しいマニュアルがきっと見つかる「交通事故マニュアル比較ナビ」

スポンサーサイト

■コメント

■コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

<< ■ 「示談の際に最低限用意しなくてはいけない資料」 | Blog TOP | 交通事故示談交渉の注意点! >>

はじめまして!

赤川 静雄(赤鬼)

Author:赤川 静雄(赤鬼)
交通事故の損害賠償は、被害者に立証責任があるため、知識がなければ支払われない損害が沢山あります。保険会社の人は決して教えてくれない、知らないと損する損害賠償の知識を公開します。賢い被害者になって、大いに得しましょう!

お役立ちリンク

キーワードSEO対策

  • seo

リンク

交通事故調査

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

あし@

リンク

ブログ内検索

RSSフィード

ブログアクセスUPの新時代「BLOG Junkie」ブログを見てポイントGET!ポイント使ってアクセスUP!

SEO対策:損害賠償SEO対策:交通事故SEO対策:自動車保険SEO対策:自賠責保険SEO対策:車検SEO対策:任意保険SEO対策:傷害保険
サイトマップラス
Powered by SEO対策
キーワードアドバイスツールプラス Powered by SEO対策
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。