交通事故被害者が知らないと損する、交通事故損害賠償「裏常識」 物損事故からムチ打ち被害者後遺症まで、知ってて得する知識です。あまり知られてない損害賠償の裏側と損しない損害賠償請求を解説します。

このブログはまぐまぐメルマガ「知って得する交通事故損害賠償請求」のダイジェスト版 です
メルマガでは中身の濃い役に立つ情報を無料で配信しています

--年--月--日

■スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2008年06月05日

■交通事故示談交渉の注意点!

■ 示談をする際、最低限知っていなくてはならない知識


示談をする上で最低限注意しなくてはいけない事といえば、相手に

騙されないことですが、ではどんなときに騙されるかというと、2通

りあります。



加害者(代理人を含む)と直接示談交渉する場合と任意保険会社と

交渉する場合です。



後者の場合は、損害賠償知識さえ勉強るれば恐れることはありませ

んが、前者の場合で特に加害者の代理人といって示談交渉に来る人

間には特別な注意が必要です。



理由としては、先ほどお話した悪いほうの?示談屋が来ることもあ

るからです。



示談屋ではないにしても、示談屋まがいの親類の者ですとか、知人、

会社の同僚等と称して示談の代行に来る人間です。



全ての人がそうとは言い切れませんが、そのような人たちのなかに

は示談屋がいる場合が結構あります。



その辺りの注意点は前回お話していますので省略しますが、ではま
ず基本的に何に注意するかというと、ズバリきちんとした委任状を
持っているか否かです。



騙されないためには、まず最初に加害者から交渉と頼まれたといっ

ている人間が、加害者からのきちんとした委任状を持参しているか

を確認します。



それでも怪しいようであれば直接加害者に確認をした後、本格的な

交渉を始めたほうが無難です。



しかし、どんなに注意していても相手は騙しのプロですので、万が

一騙されてしまった時の対処法をお話ししたいと思います。




■ 示談屋が加害者から受取った賠償金を支払ってくれない時



示談屋に委任状を書いてしまっている場合、委任契約はいつでも一

方的な解除が可能ですので、もたもたせず即座に内容証明郵便で示

談屋に委任の解除を伝えてください。



その後、警察にいき示談屋に騙されたことを伝えて相談にのっても

らいます。



事情を聞いた後、警察が示談屋を呼び出すかしてもらえば、呼び出

しに応じる前にお金を払ってくれる可能性があります。



警察でなくても、日弁連の交通事故相談センターで相談することも

できますので、まずは行動を起こしてください。



弁護士の無料相談をすると、簡易裁判所の民事係りに調停の申立を

する方法や、不当利益返還請求(民法704条)の訴訟において、

示談屋が加害者から受取ったお金の引渡を求める方法などを教えて

くれます。



示談屋に騙されたと思ったら、すぐに赤鬼に相談していただいて結

構です。



■ 加害者の場合で、示談屋にお金を渡したのに被害者から賠償
  
  請求をされてしまった時



  
加害者は示談屋に賠償金を支払っているので、「そんなの関係ネー!」

といえるかといえば、残念ながらいえません。



だってもうお金払っているから、後は示談屋と被害者の問題だから、

被害者に請求されたら二重請求では?



普通はそのように考えますが、ここにひとつの落とし穴があります。



民法108条では、「なん人といえども同一の法律行為につき当事者

双方の代理人になることをえず」としています。



ということは、示談屋にいくら委任状を書いて委任しても、示談屋

は被害者とも委任契約をしていますので、法律上は代理権がないと

いうことになります。



加害者と示談屋の委任契約は無効ですので、加害者が示談屋に渡し

た賠償金を示談屋がネコババした場合、賠償金が宙に浮いてしまい、

加害者は被害者から賠償金を請求されてしまいます。



訴訟になった場合には目も当てられません。



このような場合も、日弁連の無料相談を利用したり、警察に業務上

横領で示談屋を告訴したりと、被害者が示談屋にだまされたときと

同じ方法が使えます。



いずれにしても、このようなことになる前に、加害者の代理人と称

する人が示談交渉に来た場合は、いわれるままに委任状に印を押さ

ず、加害者に相手の身元を聞くなどして確認をとった後に、委任契

約等をして下さい。



欲しいマニュアルがきっと見つかる「交通事故マニュアル比較ナビ」


スポンサーサイト

■コメント

■コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

<< 加害者の車の修理代を払わされるって、本当!? | Blog TOP | 人身と物損事故で過失割合が違う!? >>

はじめまして!

赤川 静雄(赤鬼)

Author:赤川 静雄(赤鬼)
交通事故の損害賠償は、被害者に立証責任があるため、知識がなければ支払われない損害が沢山あります。保険会社の人は決して教えてくれない、知らないと損する損害賠償の知識を公開します。賢い被害者になって、大いに得しましょう!

お役立ちリンク

キーワードSEO対策

  • seo

リンク

交通事故調査

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

あし@

リンク

ブログ内検索

RSSフィード

ブログアクセスUPの新時代「BLOG Junkie」ブログを見てポイントGET!ポイント使ってアクセスUP!

SEO対策:損害賠償SEO対策:交通事故SEO対策:自動車保険SEO対策:自賠責保険SEO対策:車検SEO対策:任意保険SEO対策:傷害保険
サイトマップラス
Powered by SEO対策
キーワードアドバイスツールプラス Powered by SEO対策
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。