交通事故被害者が知らないと損する、交通事故損害賠償「裏常識」 物損事故からムチ打ち被害者後遺症まで、知ってて得する知識です。あまり知られてない損害賠償の裏側と損しない損害賠償請求を解説します。

このブログはまぐまぐメルマガ「知って得する交通事故損害賠償請求」のダイジェスト版 です
メルマガでは中身の濃い役に立つ情報を無料で配信しています

--年--月--日

■スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2008年05月29日

■人身と物損事故で過失割合が違う!?

【賠償の雑学】      人身と物損事故で過失割合が違う!?



 【質問】  「 同一の事故で示談をする際に、物損が20:80

        人身が10:90のように異なった過失割合でも

        問題ないでしょうか?」


        というメール相談をいただきました。


------------------------------------------------------------

【正 解】     問題はありません(条件はあります)




これは、示談ですので加害者と被害者が納得していれば、何でも

良いわけです。



ただ、双方あるいはどちらかに任意保険会社が関与している場合は、

保険会社の意向を無視して加害者と被害者が勝手に過失割合を決める

ことはできません。



できませんというより、保険会社が支払を拒否することがあります

ので、加害者、被害者、任意保険会社十分に話し合って決めること

が大切です。

 

この質問者の場合は、加害者側、被害者側双方の保険会社同士の話

し合いでそのようなことになったということです。



この解釈としては、元々の過失割合は20:80であるが、人身に関し

て被害者は痛い思いをしていますので、そのことを考慮して10:90

にしてくれたと解釈できます。



又、あまりにも加害車輌と被害車輌の修理費に差が出てしまう場合、

保険会社同士の話し合いで過失割合を物損のみ操作することがあり

ます。



これは、痛み分けとでも解釈すれば良いと思いますので、対物保険

に加入している場合、物損に関しての過失割合で神経質になる事は

ありません。



対物保険に加入していない場合は真剣に争うことになりますが、車

を保有するのであればしっかりと任意保険にご加入されることをお

勧めいたします。



場合によっては、被害者なのに加害者の車の修理代を払わされるこ

とも十分ありえます。



えっ?! と思われるかもしれませんが本当の話ですので、次回ご

紹介しますので、どうぞお見逃しのないように!





欲しいマニュアルがきっと見つかる「交通事故マニュアル比較ナビ」

スポンサーサイト

■コメント

■コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

<< 交通事故示談交渉の注意点! | Blog TOP | 示談屋に要注意!! >>

はじめまして!

赤川 静雄(赤鬼)

Author:赤川 静雄(赤鬼)
交通事故の損害賠償は、被害者に立証責任があるため、知識がなければ支払われない損害が沢山あります。保険会社の人は決して教えてくれない、知らないと損する損害賠償の知識を公開します。賢い被害者になって、大いに得しましょう!

お役立ちリンク

キーワードSEO対策

  • seo

リンク

交通事故調査

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

あし@

リンク

ブログ内検索

RSSフィード

ブログアクセスUPの新時代「BLOG Junkie」ブログを見てポイントGET!ポイント使ってアクセスUP!

SEO対策:損害賠償SEO対策:交通事故SEO対策:自動車保険SEO対策:自賠責保険SEO対策:車検SEO対策:任意保険SEO対策:傷害保険
サイトマップラス
Powered by SEO対策
キーワードアドバイスツールプラス Powered by SEO対策
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。