交通事故被害者が知らないと損する、交通事故損害賠償「裏常識」 物損事故からムチ打ち被害者後遺症まで、知ってて得する知識です。あまり知られてない損害賠償の裏側と損しない損害賠償請求を解説します。

このブログはまぐまぐメルマガ「知って得する交通事故損害賠償請求」のダイジェスト版 です
メルマガでは中身の濃い役に立つ情報を無料で配信しています

--年--月--日

■スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2010年06月11日

■医師は交通事故の後遺障害診断書など書きたくない


■ 医師は交通事故の後遺障害診断書など書きたくない


ここだけの話ですが、医師は後遺障害診断書など書きたくないのです。


医師の本来の仕事は患者の怪我を治すことですので、後遺障害が残って
しまったということは、医師の治療が十分でなかったということになり、
医師によってはプライドを傷つけられていると感じる人もいます。


ですので、後遺障害の申請結果は医師に委ねられていると言っても間違い
ではありません。


もし交通事故で受傷し数か月が経過しても症状が残っている場合は、
後遺障害の申請を視野に入れて治療を継続していかなくてはなりませんので、
その場合は医師が後遺障害診断書を素直に書いてくれるか、書いてくれると
したら後遺障害の認定実務をある程度知っていて認定される後遺障害診断書
を書くことができるか、などを早めに知っておくことが重要になってきます。


要するに、医師を見極めるとうことです。


後遺障害診断書すらまともに書けない医師のもとで漫然治療をしていると、
後遺障害の申請どころか早い段階で保険会社は治療費の立て替えを保留する
通知を送ってきます。


いわゆる、一般に間違った言い方をされている「治療の打ち切り」をされて
しまうわけです。


では、実際にはどのようにして医師を見極めていくかということになりますが、
解説するとちょっと複雑すぎて誤解を招いてしまう可能性がありますので、
簡単なものだけお話します。


先ず、これは一番大切なことですが、患者の訴えを真摯に聞いてくれて
相談に乗ってくれる医師なら大丈夫です。


患者が訴えている症状の原因を積極的に徒手検査や画像検査で調べてくれ、
それに合わせた治療やリハビリをしてくれる医師であれば問題ありません。


そのような医師は、保険会社に毎月レセプト(病院が保険会社に治療費を請求
する診療報酬明細書)に添付する診断書に症状の原因をきちんと記載します
ので、治療の根拠は明白になります。


そうした場合、保険会社も無理やり治療を終わらせようとすることはありま
せんので、安心して症状が軽快するまで通院できます。


しかし、症状の原因すら診断書に記載せずただ湿布や痛み止めの薬代を毎月
保険会社に請求する医師の場合ですと、保険会社は治療を終らせるための何ら
かの行動を開始します。


ちょっとだけ治療の話をしましたが、本題の後遺障害の申請の際にこの医師の
資質がもっと重要になってきます。


ですので、後遺障害が残りそうな時は早めに医師を見極め、場合によっては
早めに転医をしないと、いざ後遺障害診断書をお願いしますといった時点で
挫折してしまうことになります。


日ごろの会話の中からもこの医師は後遺障害診断書が作成できそうかとう
ことは分かります。


ただ、患者がちゃんとした後遺障害認定実務の知識を持っている場合です。


患者が後遺障害認定に関してある程度の知識があれば、「このしびれの原因は
この部分の神経の圧迫だと聞いたのですが本当ですか」などととぼけて医師に
質問すれば、その医師のレベルもおのずと分かることになります。


他にもいろいろな聞き方がありますが、患者にそれらの知識さえあればどの
ような質問もできることになります。


ですので、後遺障害が残りそうな時は早めに後遺障害認定実務の学習を
お始めになることが大切だと思います。


いつも言っていますが、被害者の最大の武器は知識です。


事故に関わるすべての損害賠償に関して、被害者に有利に進めるためには

被害者にきちんとした知識が必要です。


以下のサイトでは、後遺障害に関しての医師選びなどの解説もしていますので、
まだご覧になっていない方は参考までにお読みいただければと思います。


http://www.jiko-zero.info/jiko-zero.html


スポンサーサイト

■コメント

■コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

<< 交通事故受傷でのカイロや鍼灸院の治療費に関して | Blog TOP | 通事故の後遺障害認定は医者選びから >>

はじめまして!

赤川 静雄(赤鬼)

Author:赤川 静雄(赤鬼)
交通事故の損害賠償は、被害者に立証責任があるため、知識がなければ支払われない損害が沢山あります。保険会社の人は決して教えてくれない、知らないと損する損害賠償の知識を公開します。賢い被害者になって、大いに得しましょう!

お役立ちリンク

キーワードSEO対策

  • seo

リンク

交通事故調査

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

あし@

リンク

ブログ内検索

RSSフィード

ブログアクセスUPの新時代「BLOG Junkie」ブログを見てポイントGET!ポイント使ってアクセスUP!

SEO対策:損害賠償SEO対策:交通事故SEO対策:自動車保険SEO対策:自賠責保険SEO対策:車検SEO対策:任意保険SEO対策:傷害保険
サイトマップラス
Powered by SEO対策
キーワードアドバイスツールプラス Powered by SEO対策
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。