交通事故被害者が知らないと損する、交通事故損害賠償「裏常識」 物損事故からムチ打ち被害者後遺症まで、知ってて得する知識です。あまり知られてない損害賠償の裏側と損しない損害賠償請求を解説します。

このブログはまぐまぐメルマガ「知って得する交通事故損害賠償請求」のダイジェスト版 です
メルマガでは中身の濃い役に立つ情報を無料で配信しています

--年--月--日

■スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2010年06月04日

■被害者の治療費に医師が熱心でない時は・・・

事故解決はマニュアル選びが重要!「赤鬼の交通事故マニュアル無料ダウンロード」


■  被害者の治療費に医師が熱心でない時は・・・


こんにちはいつもお世話になってます。


相手の保険屋は早期解決を望んでます。


「治療が済んだらすぐ示談して下さい」と言われても「一緒にしたいの
ですが」と言えば素直に聞き入れてくれるのでしょうか?


私は手の痺れが両方にあるのですが「首が痛いのと関係ないから」と
今日ハッキリ先生に言われました。


雨が降るとかなり痛いしふらつきもあるのですが「天気悪いと全部具合
悪くなるんだろ」と言われました。


先生の触診で肩に関しては通院は続けるように言われてますが…


「痛み止め飲む程痛くないんだろ?」とか私の痛みをあまりわかって
くれてないような気がしています。


後遺症が無ければ日弁連などに相談しても自賠責請求になるのでしょうか?


お金がどうとかでは無く体さえ治ればいいと思ってましたが…正直
自賠責と地裁基準でかなりの金額が違って来るので知識不足な私は
ビックリしてます。


専業主婦の場合は休業損害を貰う為には何が出来なかったかとか示さ
なければ貰えないのでしょうか?


手の痺れでフライパンや皿を落として家事に支障が出てますが…
先生にも平気と言われてるので認められないのでしょうか?


*****************************************************************

【赤鬼から】



こんにちは

>示談は最後にまとめてした方が面倒がなくてよいのですね。

>相手の保険屋は早期解決を望んでます。

>「治療が済んだらすぐ示談して下さい」と言われても「一緒にしたいのですが」
と言えば素直に聞き入れてくれるのでしょうか?



皆さんがよく勘違いしている点ですので、しっかりと以下のことを
ご理解ください。


「素直に聞き入れてくれるのでしょうか?」ではなく「主張する」ことが
重要です。


保険会社は加害者の不法行為により発生した損害を賠償する責任があります。


又、示談というのは被害者と加害者の双方が納得して和解する契約ですので、
どちらかが納得していないのであれば示談は成立しないことになります。


ですので、全ては被害者主導で行動できることを理解し、保険会社の圧力が
全く理不尽なものであることを知って下さい。


> 私は手の痺れが両方にあるのですが「首が痛いのと関係ないから」


この医師は、痺れ(神経の圧迫)が頚椎捻挫によるものであることを知って
います。


しかし、その原因が加齢による頚椎の変性なので、事故とは関係ないと思い
込んでいます。


ところが、事故以前に痺れなどで通院したことがない場合、今回の症状は
交通事故を契機に発症したことになり、事故との因果関係が成立します。


痺れがあるようですと、高い確率で後遺障害を残すことになりますので、
この医師にこれらのことをしっかりと説明できないと、後遺障害診断書を
書いてもらっても非該当になります。


> 「痛み止め飲む程痛くないんだろ?」


もし、現在の痺れが酷いようでしたら、もう一度医師にしっかりと訴えてみて、
それでも聞いてもらえない場合は転医を考えることになります。


そのような医師の治療では症状も良くなりませんし、もし後遺障害が残っても
認定されませんので、その辺りをご理解下さい。


> 後遺症が無ければ日弁連などに相談しても自賠責請求になるのでしょうか?


今はそのようなことを考えている時期ではありません。


しっかりと治療ができる環境を整えて下さい。


> 専業主婦の場合は休業損害を貰う為には何が出来なかったかとか示さ
なければ貰えないのでしょうか?


自賠責基準では実通院日数分請求できますし、地裁基準では家事従事に支障
があった日数を医師により診断してもらえば、その日数全てを請求すること
ができます。


ここでも医師が重要になってきます。


> 手の痺れでフライパンや皿を落として家事に支障が出てますが…
先生にも平気と言われてるので認められないのでしょうか?


この支障の原因は神経根の圧迫ですので、そのことを医師が認識出来ない場合、
診断書も書いてもらえません。


先ほどご説明しましてように、痺れが酷い場合は転医を視野に入れて行動され
ることをお勧めします。


事故解決はマニュアル選びが重要!「赤鬼の交通事故マニュアル無料ダウンロード」

スポンサーサイト

■コメント

■コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

<< 交通事故損害賠償請求権の時効 | Blog TOP | ムチ打ち症で後遺障害が認定される条件-その2 >>

はじめまして!

赤川 静雄(赤鬼)

Author:赤川 静雄(赤鬼)
交通事故の損害賠償は、被害者に立証責任があるため、知識がなければ支払われない損害が沢山あります。保険会社の人は決して教えてくれない、知らないと損する損害賠償の知識を公開します。賢い被害者になって、大いに得しましょう!

お役立ちリンク

キーワードSEO対策

  • seo

リンク

交通事故調査

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

あし@

リンク

ブログ内検索

RSSフィード

ブログアクセスUPの新時代「BLOG Junkie」ブログを見てポイントGET!ポイント使ってアクセスUP!

SEO対策:損害賠償SEO対策:交通事故SEO対策:自動車保険SEO対策:自賠責保険SEO対策:車検SEO対策:任意保険SEO対策:傷害保険
サイトマップラス
Powered by SEO対策
キーワードアドバイスツールプラス Powered by SEO対策
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。