交通事故被害者が知らないと損する、交通事故損害賠償「裏常識」 物損事故からムチ打ち被害者後遺症まで、知ってて得する知識です。あまり知られてない損害賠償の裏側と損しない損害賠償請求を解説します。

このブログはまぐまぐメルマガ「知って得する交通事故損害賠償請求」のダイジェスト版 です
メルマガでは中身の濃い役に立つ情報を無料で配信しています

--年--月--日

■スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2010年05月15日

■後遺障害申請に対しての異議申立


後遺障害申請に対しての異議申立



簡単に異議申立についてお話しておきます。



ここでお話しする異議申立は、自賠責の後遺障害認定の結果に対して不服が
あり、納得出来ない場合に異議を申し立てることです。


後遺障害認定実務は保険料率算出機構内にある自賠責調査事務所が行ってい
ますが、認定に関する基準は労災基準を採用していると言っているだけで、
その他の認定に関する情報は全くの非公開です。


そのような状況から、同じ後遺障害診断書で労災と自賠責に後遺障害申請を
して異なった認定結果になった場合でも、一切説明がされません。


労災が14級を認定しているのに自賠責は非該当ということが良くあるのですが、
何故診断書と画像しか見ない自賠責調査事務所が患者をキチンと診察して審査
する労災より低い認定や非該当にするのでしょう。


どう考えても保険会社の支出を抑えるための意図が見え隠れしてしょうがないの
ですが、調査事務所は中立公平に判断していると言い張ります。


このようなことから、後遺障害申請する被害者に不満が生じますので、異議申立
をすることを渋々認めています。


異議申立には期限も回数制限もありませんので、自賠責保険の症状固定日より
2年間で債務の請求権が消失する時効期限さえ注意していれば、納得いくまで
異議申立を繰り返す事は可能です。


また、時効に関しても「時効中断手続き」というものを保険会社に請求する
事で問題ありません。


被害者の最大の武器は知識です。


事故解決はマニュアル選びが重要!「赤鬼の交通事故マニュアル無料ダウンロード」



スポンサーサイト

■コメント

■コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

<< 頚椎・腰椎捻挫の異議申立 | Blog TOP | 「脳脊髄液減少症」についてのご質問 >>

はじめまして!

赤川 静雄(赤鬼)

Author:赤川 静雄(赤鬼)
交通事故の損害賠償は、被害者に立証責任があるため、知識がなければ支払われない損害が沢山あります。保険会社の人は決して教えてくれない、知らないと損する損害賠償の知識を公開します。賢い被害者になって、大いに得しましょう!

お役立ちリンク

キーワードSEO対策

  • seo

リンク

交通事故調査

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

あし@

リンク

ブログ内検索

RSSフィード

ブログアクセスUPの新時代「BLOG Junkie」ブログを見てポイントGET!ポイント使ってアクセスUP!

SEO対策:損害賠償SEO対策:交通事故SEO対策:自動車保険SEO対策:自賠責保険SEO対策:車検SEO対策:任意保険SEO対策:傷害保険
サイトマップラス
Powered by SEO対策
キーワードアドバイスツールプラス Powered by SEO対策
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。