交通事故被害者が知らないと損する、交通事故損害賠償「裏常識」 物損事故からムチ打ち被害者後遺症まで、知ってて得する知識です。あまり知られてない損害賠償の裏側と損しない損害賠償請求を解説します。

このブログはまぐまぐメルマガ「知って得する交通事故損害賠償請求」のダイジェスト版 です
メルマガでは中身の濃い役に立つ情報を無料で配信しています

--年--月--日

■スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2007年08月31日

■「後遺障害認定と異議申立」その3


交通事故後遺障害・慰謝料・後遺障害認定・被害者請求・異議申立
など、交通事故損害賠償請求でお困りの方はこちら




----------------------異議申立------------------------


後遺障害認定で「非該当」になっても、諦めることは

ありません。

回数に制限無く異議申立が出来ます。


異議申立とは、後遺障害認定等級に不満がある場合や、

非該当になった場合、自賠責保険会社に新たな医証や

画像と共に、前記の結果に対し異議を申し立てることです。


私も、この異議申立で後遺障害の認定を受けました。


後遺障害認定について正しい理解がなされていれば、

さほど難しいことではありません。


私個人の意見(感想)ですが、自賠責調査事務所は、

故意に初回の認定作業で非該当にして、相手の出方を

見るような傾向があります。


あきらめてしまっては、調査事務所の思う壺です!


どうせ、そんな物ですから、矛盾を発見するのにさほど

苦労はしません。

私の場合は、非該当通知書の理由部分の矛盾を追及する

ことで、簡単に認定されてしまいました。


後遺障害認定でお困りの方は、その時学んだ後遺障害認定

させるための異議申立書の記載法方などを詳しく解説した

「究極の交通事故損害賠償請求完全マニュアル」
http://www.jiko-zero.info/kanzen/hoshou.index.html

を活用することで、解決の道をお探し下さい。


【まとめ】


■交通事故被害者の損害賠償額に大きく影響する

後遺障害認定の場にも、保険会社の払いしぶりが形を

変えて、入り込んでいます。


不幸にも被害者になり、後遺障害を残してしまったら、

保険会社に払い渋られないため、徹底的に勉強し対抗

しなくてはなりません。


私も、頚椎捻挫いわゆるムチ打ちで後遺障害を残し

ましたが、やはり最初の認定結果は「非該当」でした。


■しかし、後遺障害診断書を作成する早い段階から、

後遺障害に関する多くのことを調べ、学び、ある時は

主治医に相談し、又ある時は追加記載をお願いしながら

最高の診断書を書いてもらいました。


その当時の私は、自分の後遺症に関してだけは、

一般の医師以上の知識があり、非該当の理由書を読み終えた

瞬間に異議申立の内容が頭の中で完成していました。


すぐに、異議申立の書類を作成し、念を押すための新たな

診断書を添付して異議申立を行い、後遺障害はいとも簡単に

認定されまた。


■一般の方には非常に複雑に思える一連の後遺障害認定

ですが、弁護士や司法書士に依頼しなくても、知識さえ

入手できれば自分自身で全て出来ます。


逆に、全てを自分自身ですることにより、後遺障害が

認定されやすくなる事実を、私自身が今回の事故で

学びました。


他覚所見に乏しい「頚椎捻挫」を後遺障害認定させる

ために、このようなものを載せて良いものかと考え

ましたが、自賠責調査事務所の医療照会用紙、

自賠責後遺障害診断書、各種検査用紙、後遺障害非該当通知書、

異議申立書、後遺障害認定票の実物をマニュアルに登載し、

その一部始終を解説しています。。

http://www.jiko-zero.info/kanzen/hoshou.index.html


★さらに、どうして自分自身で後遺障害認定の申請を

すると認定されやすいのか、言い換えると、どうして

他人任せにしたときは認定され難いのか、そして、

そこに潜む隠された後遺障害認定妨害の実態も

解説しています。


後遺障害認定でお困りの方はは、是非ご活用ください。
http://www.jiko-zero.info/kanzen/hoshou.index.html

次回のセミナーは、後遺障害認定申請の2つの方法、

「加害者請求(事前認定)」と「被害者請求」です。



【編集後記】

今回のセミナーは、いかがでしたか?

交通事故の損害賠償では、聴きなれない言葉が

多く出てきて、難しく感じるかもしれませんが、

これを克服しない限り保険会社の

払い渋りに対抗することは出来ません。


分からないことは、ご遠慮なくメールで

お問い合わせください。


署長感謝状:人命救助2人に贈る--.../'交通事故':パトカーに追われ、ミニバ.../<'交通事故'>ワゴン車横転8人死傷 神.../わー/病は気から・・・病院へ行こう!/3人かな。/今日も大好きでした/安全な自動車、開発競争加速/「ハワイ0円、グアム0円、海外旅行保.../11病院が受け入れ拒否/何ともお粗末な緊急医療体制
スポンサーサイト

■コメント

■コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

<< 「加害者請求と被害者請求」 | Blog TOP | 「後遺障害認定と異議申立」その2 >>

はじめまして!

赤川 静雄(赤鬼)

Author:赤川 静雄(赤鬼)
交通事故の損害賠償は、被害者に立証責任があるため、知識がなければ支払われない損害が沢山あります。保険会社の人は決して教えてくれない、知らないと損する損害賠償の知識を公開します。賢い被害者になって、大いに得しましょう!

お役立ちリンク

キーワードSEO対策

  • seo

リンク

交通事故調査

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

あし@

リンク

ブログ内検索

RSSフィード

ブログアクセスUPの新時代「BLOG Junkie」ブログを見てポイントGET!ポイント使ってアクセスUP!

SEO対策:損害賠償SEO対策:交通事故SEO対策:自動車保険SEO対策:自賠責保険SEO対策:車検SEO対策:任意保険SEO対策:傷害保険
サイトマップラス
Powered by SEO対策
キーワードアドバイスツールプラス Powered by SEO対策
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。